薩本研究室 薩本研究室

サイトマップ
サイトマップ

トップページ
トップページ

 

薩本研究室の紹介
薩本研究室の紹介


薩本研究室のあゆみ
薩本研究室のあゆみ

 

学生の紹介
学生の紹介

 

薩本のプロフィール
薩本のプロフィール

 

被服学教育のねらい
被服学教育のねらい

 

浴衣ファッションショー
浴衣プロジェクト

リンク集
リンク集


その他
その他


薩本弥生のプロフィール

氏名

薩本弥生

教授

学位(取得大学,年)

博士(被服環境学)(1992)

所属機関名

横浜国立大学

所属部署名

教育人間科学部

所在地

横浜市保土ヶ谷区常盤台79-2

電話

045-339-3307

FAX

045-339-3307

E-mail

satumoto@ynu.ac.jp

所属部署のURL

教育学部http://www.edu.ynu.ac.jp/

研究室のURL

http://ynu-satsumoto-labo.ynu.ac.jp/index.html

出身大学(大学院・学部)

お茶の水女子大学および同大学大学院・家政学研究科修士課程修了、
文化女子大学・家政学研究科博士後期課程修了

研究テーマ

ふいご作用の着衣の放熱性能への影響
暑熱環境における着衣の熱水分移動特性
靴の熱水分伝達性能への靴の材料特性や形態特性の影響と温熱的快適性
着装シミュレーションを用いた着装イメージの被服学教育への応用

研究のキーワード

着衣の温熱的快適性, 着衣の対流熱伝達

最近の業績

年齢・身体特性・ブラの種類が動作時の胸部動態・着装感に及ぼす影響, 薩本弥生, 丸田直美、斉藤秀子,諸岡晴美, 繊維製品消費科学会, 58(1), 80-89 (2017)
 おむつ内で生じる熱水分移動現象と温熱的快適性向上, 薩本弥生, 衛生製品とその材料開発事例集, 7章3節 (2016)
 きもの文化伝承のためにゆかた着装体験を含む教員研修が果たす役割, 大矢幸江, 薩本弥生, 60巻1号,13-23、日本家庭科教育学会 (2017)
Effects of Shoe Fit and Moisture Permeability of a Leather Shoe on Shoe Microclimate and Air Exchange, Yayoi Satsumoto, Shanhua Piao and Masaaki Takeuchi, J Ergonomics 2016, 6:4, https://doi:10.4172/2165-7556.1000171(2016)
 Evaluation of thermal formation and air ventilation inside footwear during gait: The role of gait and fitting, Yasuhiro Shimazaki, Toshiki Matsutani, Yayoi Satsumoto, Applied Ergonomics, 7, 1-7 (2016)
 ゆかたの着装体験を含む教育プログラム開発をめざした中学校技術・家庭科での授業実践
薩本弥生,川端博子,斉藤 秀子,呑山 委佐子,扇澤美千子,堀内かおる,井上裕光,葛川幸恵,日本家庭科教育学会56巻1号,14-22(2013)
「きもの」文化の伝承と発信のための教育デザイン −ゆかたの着装を含む教育プログラムの開発・家庭科での実践と海外への発信
薩本弥生,川端博子,堀内かおる,扇澤美千子,斉藤 秀子,呑山 委佐子教育デザイン研究4号,35-40(2013)
薩本弥生,川村友希,杉本千佳:暑熱環境下で熱中症予防に適した剣道用稽古着の検討服装と熱中症,繊維製品消費科学会,第54巻3月号,226-236,2013
薩本弥生, “服装と熱中症",日本臨床(査読有), 70, 1013-1021(2012)
 “Evaluation of overall and local ventilation in diapers”, Y. Satsumoto and G. Havenith,Textile Research Journal (査読有),80, 17, pp1859-1871, (2010)
“Effect of moisture sorption of underwear material on clothing microclimate in a hot environment”, Y. Satsumoto, C. Murayama, M. Takeuchi, Heat Transfer Asian Research (査読有), 38, 1,pp1-14, (2009)
薩本弥生、望月真理:着心地の良い授乳期のブラジャー設計に関する基礎研究 第1報 実験室での被験者実験の結果、日本繊維製品消費科学会、47巻12号p. (2006)
Yayoi Satsumoto, Yae Hasebe, Masaaki Takeuchi, Kinzo Ishi-kawa:Effect of two kinds of quilts on the thermal comfort of subjects in a cold environment,Enviornmental Ergonomins, p.335-342,Elsevier Ltd.(2005)
薩本弥生、手塚香代:着用者の顔の印象が着装イメージに与える影響、日本繊維製品消費科学会、46巻、11号,701-709 (2005)
薩本弥生、伊藤幸子、長谷部ヤエ、竹内正顯:Bellows action(ふいご作用)の着衣の放熱性能への影響 第2報 開口部の開口条件の効果、繊維学会、59巻1号, pp.22-29,2003
薩本弥生、王 海華、長谷部ヤエ、石川欣造、竹内正顯:Bellows action(ふいご作用)の着衣の放熱性能への影響 第1報 衣服下間隙寸法と通気性の効果、繊維学会、56巻11号,524-536 ( 2000)
薩本弥生、竹内正顯、石川欣造:着衣の保温性への下端開口部の効果-模擬皮膚による検討, 繊維学会、 53巻4号, 146-154(1997)
Satsumoto Y, Takeuchi M, Ishikawa K:Evaluating Quasi-Clothing Heat Transfer:A Comparison of the Vertical Hot Plate and the Thermal Manikin, Textile Research Journal,Vol.67, No.7,503-510,(1997)
薩本弥生、竹内正顯、石川欣造:模擬皮膚からの熱伝達−模擬皮膚湿潤時と乾燥時の比較−,日本家政学会、 48巻2号, 179-186,(1997)

最近の著書

  衣生活の科学 −テキスタイルから流通マーケットへ−(間瀬清美, 薩本弥生編著(第1章薩本分担執筆)、アイ・ケイコーポレーション, (2015)
 アパレルと健康−基礎から進化する衣服まで−”,日本家政学会被服衛生部会編, *菅井清美, 37人12 ,株式会社井上書院(査読有), pp.48-51, (2012)
衣生活の科学 健康的な衣の環境をめざして(谷田貝麻美子、間瀬清美編著(第1章薩本分担執筆)、アイ・ケイコーポレーション-2006
快適ライフを科学する(薩本弥生編著、丸善株式会社)(2003)
衣生活の科学(牛膓ヒロミ、酒井豊子編著(3,4,5章を薩本弥生分担執筆)),放送大学教育振興会(2002)
繊維の百科事典(繊維学会編著(薩本弥生分担執筆))丸善株式会社(2002)
衣服と健康の科学(日本家政学会被服衛生学部会編、p98,99コラム16「高齢者の体温調節の変化」執筆)丸善株式会社(2003)

研究設備:研究風景など

着衣換気計測装置、温湿度計、レーザードップラー血流計、熱流計、局所発汗計、衣服圧計、高圧用衣服圧計、心拍計、電子天秤、ふいご模擬装置、1/6インチCCDチューブカメラ、発汗模擬皮膚装置、動作解析装置、模擬歩行装置、換気計測装置

発汗濡れ広がり模擬実験

ふいご模擬装置

被験者実験の様子


サーモグラフィー画像

その他

着衣の快適性に関する研究に興味を持っています。

記入年月日

西暦2013年5月31日



Copyright © 2000 薩本研究室 All Rights Reserved.